操作

巖谷小波

→ 日本の古本屋で本をさがす

(いはやせうは)


基本情報[編集]

よみがな いわやしょうは いわやさざなみ
職業 小説家、児童文学者、俳人
生年 1870
没年 1933
出生地 東京
本名 巖谷季雄
別名 さゝなみ、サゝナミ、さゝ波、さゞなみ、なみ、一切理之助、一念詞玩兵、佛小波、十亭主人、十亭主人漣山人、千里閣、大江小波、大江小波山人、小波生、小痴、小痴居士、少年屋小波、岩川亮季(川上眉山合同)、岩谷黑樂天、巖谷漣、巖谷漣山人、己惚亭野呂毛、愛龜、戀川綾町、李腕白、林の小波、桑弓、樂天居、樂天居小波、漣、漣山人、澤村漣之助、窟漣、笹波山人、行淸、漣水生、金淸、隔戀坊、黑樂天、S.I



経歴[編集]

明治3年6月6日東京生れ。昭和8年9月5日歿。本名季雄。別号さゝなみ、サゝナミ、さゝ波、さゞなみ、なみ、一切理之助、一念詞玩兵、佛小波、十亭主人、十亭主人漣山人、千里閣、大江小波、大江小波山人、小波生、小痴、小痴居士、少年屋小波、岩川亮季(川上眉山合同)、岩谷黑樂天、巖谷漣、巖谷漣山人、己惚亭野呂毛、愛龜、戀川綾町、李腕白、林の小波、桑弓、樂天居、樂天居小波、漣、漣山人、澤村漣之助、窟漣、笹波山人、行淸、漣水生、金淸、隔戀坊、黑樂天、S.I等。書家巖谷一六の三男。独逸協会学校等に学ぶ。硯友社の一員として小説を発表も、のち童話に専心。日本民話を定着させ口演童話を開拓した明治期最大の児童文学者。また木曜會、白人會を主宰するなど俳人としても活動。


作品[編集]






















  • 俵藤太郞  (  編 TRANSLATED BY HANNAH RIDDELL  明治36年12月25日  英學新報社蔵版 博文館 東京堂  <和英對譯 日本昔噺> ) → 「俵藤太郞」をさがす
















































文獻[編集]




PDF[編集]

04019.pdf

PDFファイルを別ウィンドウで開く


参考ページ