操作

南條文雄

→ 日本の古本屋で本をさがす

(なんでうぶんいう)


基本情報[編集]

よみがな なんじょうぶんゆう
職業 梵語学者、文学博士
生年 1849
没年 1927
出生地 美濃国大垣
別名 恪丸、恪順、僧恪、碩果、碩果生、松坡



経歴[編集]

嘉永2年5月12日美濃国大垣生れ。昭和2年11月9日歿。幼名恪丸、のち恪順。通称僧恪。大垣誓運寺住職溪英順(号溪毛芥)の三男。明治4年南條神興の養嗣子となり得度、文雄と改名。京都高倉學寮に学ぶ。9年東本願寺の本山留学生としてイギリスに渡り、オックスフォード大学でマックス・ミュラーに師事。「太明三藏聖教目録」を共訳刊行した他、梵文の「無量壽經」、「阿彌陀經」を師と共訳して、欧州学界に貢献、学位を得て17年帰朝、東京大谷大学教授。翌年東京大学梵語学講師、34年真宗大学教授(のち学監)、大正3年大谷大学学長となる。少時菱田海鷗に漢学を学び、実父及び伯兄溪良順(号溪雲嶂)の影響を受け漢詩を能くした。


作品[編集]














PDF[編集]

20148.pdf

PDFファイルを別ウィンドウで開く


参考ページ