操作

饗庭篁村

→ 日本の古本屋で本をさがす

(あへばくわうそん)


基本情報[編集]

よみがな あえばこうそん
職業 小説家、劇評家
生年 1855
没年 1922
出生地 江戸
本名 饗庭與三郞
別名 南傳二、坐睡迀史、太阿居士、小梅饗庭、村のきうさく、根岸の隠居、河津金線、白雪山人、竹、竹のや、竹の家主人、竹の屋あるじ、竹の屋の主人、竹の屋主人、竹の舎、竹の舎のあるじ、竹の舎主人、竹印、與、贔屓目道人、雀堂、饗庭生、饗庭篁邨、龍泉居士



経歴[編集]

安政2年8月15日江戸生れ。大正11年6月20日歿。明治7年日就社「讀賣新聞」入社。校正係を経て記者。22年に「東京朝日新聞」に転じた。所謂<根岸派>を主導、須藤南翠と共に<明治二十年前後の二文星>(幸田露伴)と曰ふ。劇評家としても世評高く、江戸文芸研究でも先達の一人。


作品[編集]










PDF[編集]

18055.pdf

PDFファイルを別ウィンドウで開く


参考ページ