操作

土方成美

→ 日本の古本屋で本をさがす

(ひぢかたせいび)


基本情報[編集]

よみがな ひじかたせいび
職業 経済学者、経済学博士
生年 1890
没年 1975
出生地 兵庫県姫路
本名 土方成美しげよし



経歴[編集]

明治23年7月10日兵庫県姫路生れ。昭和50年2月15日歿。旧姓町田、本名成美しげよし 。法学者土方寧の養嗣子。第六高等学校を経て、大正4年東京帝国大学法科大学経済学科卒。欧米留学後の10年、経済学部教授、更に学部長となる。また『マルクス價値論の排撃』を著わして、河上肇を始め、櫛田民藏大森義太郞等と論争。のち経済学部の派閥抗争の責任者として、昭和14年の平賀肅学で辞職勧告も、拒否して休職処分となった。戦時中は駐大生大学で講義、戦後国学院大学・立正大学・独協大学等各教授歴任。


作品[編集]















PDF[編集]

09574.pdf

PDFファイルを別ウィンドウで開く


参考ページ