操作

津久井龍雄

→ 日本の古本屋で本をさがす

(つくゐたつを)


基本情報[編集]

よみがな つくいたつお
職業 評論家
生年 1901
没年 1989
出生地 栃木県大田原



経歴[編集]

明治34年2月4日栃木県大田原生れ。平成元年9月9日歿。早稲田大学中退後高畠素之の門に入り、石川準十郞矢部周等と高畠の大衆社をを助勢。大正15年赤尾敏と建國會を、昭和5年愛国勤労党を、更に8年赤松克麿倉田百三等と国民協會を結成。内部国体として靑年日本同盟を興し会長、機関誌「國民運動」「靑年日本新聞」を発刊するなど、国家社会主義運動を実践。12年「やまと新聞」主筆となり、爾来評論活動を主とする。その後読売新聞社論説客員、大日本言論報国会常務理事等を務め、戦後公職追放処分を受く。解除後、28年國論社を設け、個人雑誌「國論」「我流」を発刊。


作品[編集]








PDF[編集]

15434.pdf

PDFファイルを別ウィンドウで開く


参考ページ