操作

和田花子

→ 日本の古本屋で本をさがす

(わだはなこ)


基本情報[編集]

よみがな わだはなこ
生年 1888
没年 1942
出生地 京都



経歴[編集]

明治21年4月11日京都生まれ。昭和17年10月16日歿。旧姓渋谷。京都府立第一高等女学校を経て津田英学塾に入り、在学中の明治41年、津田梅子の弟和田純と結婚。平壌控訴院判事、高知警察部長等夫の任地に従い、大正13年慶尚南道知事となった夫と再度渡鮮したメソジスト監督本多庸一により受洗。一方書に秀れ、晩ねん尾上柴舟に就き精進。なお四男眞は義姉梅子の後嗣となり、バンクロフト奨学財団留学生として昭和14年アメリカに渡るも、戦時中消息を断つ。随筆、書翰、追悼文を収めた「落花一片(故和田花子遺稿)」がある。


作品[編集]



PDF[編集]

17758.pdf

PDFファイルを別ウィンドウで開く


参考ページ