操作

「赤松克麿」の版間の差分

→ 日本の古本屋で本をさがす
 
39行目: 39行目:
 
|刊行年=昭和5年1月15日
 
|刊行年=昭和5年1月15日
 
|出版社=先進社
 
|出版社=先進社
 +
|}}
 +
{{作品|
 +
|冠称=
 +
|書名=新時代雄辯 政治篇
 +
|接尾辞=(十七人集)
 +
|共著者名=[[麻生久]]、[[安部磯雄]]、[[大山郁夫]]、[[小池四郞]]、[[中村高一]]、[[龜井貫一郞]]、[[古市春彦]]、[[松本淳三]]、[[加藤勘十]]、[[淺原健三]]、[[水谷長三郞]]、[[松谷與二郞]]、[[片山哲]]、[[西尾末廣]]、[[淺沼稻次郞]]、[[細迫兼光]]、合著   [[新時代雄辯會]]編
 +
|別名=
 +
|責任表示=
 +
|刊行年=昭和6年6月20日
 +
|出版社=新時代雄辯會
 
|}}
 
|}}
 
{{作品|
 
{{作品|

2022年5月25日 (水) 19:38時点における最新版

(あかまつかつまろ)


基本情報[編集]

よみがな あかまつかつまろ
職業 評論家、政治家
生年 1894
没年 1955
出生地 山口県



経歴[編集]

明治27年11月4日山口県生れ。昭和30年12月13日歿。大正8年東京帝国大学法科大学政治学科卒。在学中新人會を創設。10年日本労働総同盟、翌年日本共産党に参加。15年社会民衆党、昭和7年日本国家社会党を結成。12年衆議院議員となり、日本革新党を組織、16年大政翼賛会企画局制度部長。マルクス主義から国家主義まで思想を遍歴。妻赤松明子は師吉野作造の長女、與謝野寛は伯父に当る。


作品[編集]











PDF[編集]

09210.pdf

PDFファイルを別ウィンドウで開く


参考ページ