操作

「淺沼稻次郞」の版間の差分

→ 日本の古本屋で本をさがす
 
19行目: 19行目:
  
 
----
 
----
 +
{{作品|
 +
|冠称=
 +
|書名=新時代雄辯 政治篇
 +
|接尾辞=(十七人集)
 +
|共著者名=[[麻生久]]、[[安部磯雄]]、[[大山郁夫]]、[[小池四郞]]、[[中村高一]]、[[龜井貫一郞]]、[[古市春彦]]、[[松本淳三]]、[[加藤勘十]]、[[淺原健三]]、[[赤松克麿]]、[[水谷長三郞]]、[[松谷與二郞]]、[[片山哲]]、[[西尾末廣]]、[[細迫兼光]]、合著   [[新時代雄辯會]]編
 +
|別名=
 +
|責任表示=
 +
|刊行年=昭和6年6月20日
 +
|出版社=新時代雄辯會
 +
|}}
 
{{作品|
 
{{作品|
 
|冠称=
 
|冠称=
59行目: 69行目:
 
|出版社=日本経済新聞社
 
|出版社=日本経済新聞社
 
|}}
 
|}}
 +
 
== 文献 ==
 
== 文献 ==
  

2022年5月25日 (水) 19:39時点における最新版

(あさぬまいねじらう)


基本情報[編集]

よみがな あさぬまいねじろう
職業 政治家
生年 1898
没年 1960
出生地 東京府三宅島



経歴[編集]

明治31年12月27日東京府三宅島生れ。昭和35年10月12日歿。大正12年早稲田大学政治経済学部卒。在学中同志と建設社同盟を結成。爾後農民労働党書記長、日本労働党、社会大衆党各中央執行委員、東京市議会議員、衆議院議員(当選9回)等歴任。戦後は日本社会党結成に尽力、昭和23年党書記長、35年委員長となり安保闘争を指導も、日比谷公会堂での演説中、右翼少年山口二矢やまぐちおとや に刺殺せられた。


作品[編集]







文献[編集]





PDF[編集]

19294.pdf

PDFファイルを別ウィンドウで開く


参考ページ